忍者ブログ
[34] [33] [31] [30] [29] [28] [4] [5] [26] [22] [7]

DATE : 2008/06/30 (Mon)
月曜日はちょっと懐かしいラジオ番組を振り返る
「懐かしラジオ」のコーナーです。 

====================
井手功二のゲルゲットショッキングセンター
ニッポン放送系
月~木 22:00~25:00
1995年11月~99年3月
メインパーソナリティー 井手功二
====================
にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へ 
伊集院光のOH!デカナイトの成功、天野ひろゆきのMEGAウマラジオバーガーの打ち切りを経て始まった ニッポン放送夜帯ヤングタイムのワイド放送です。

パーソナリティーは井手功二。ラッパーなのですが、当時、私は知りませんでした。お笑い芸人が連続してパーソナリティーをつとめていたこの時間帯に、ミュージシャンが起用されたことは、新鮮ではありましたが、番組のテイストは大きく変わりました。

まずMC。芸人1人がメインで番組をまわすスタイルから、アナウンサー2人がサポートに入る編成になりました。女性は山岡光子アナ、男性は垣花正アナ。それぞれ、ジャネットとクールKと呼ばれ、アナーキーな感じにキャラ付けされていました。

しゃべっている人が多い上に番組中ではサンプラーを用いた短いSEが頻繁に使われていたため、番組に慣れていない人には、「ただやかましいだけ」にしか聴こえない内容でした。

誤解を恐れず言えば、公共の電波で堂々と悪ふざけをしている感じでしょうか。それが、リスナーたちの間の連帯感を生む効果がありましたが、それ以外の層を広く取り込むというたぐいの番組ではありませんでした。

新世紀エヴァンゲリオンの特集が話題を呼び、人気番組の1つとなりましたが、99年に番組終了。これ以後、ニッポン放送伝統の夜10時から深夜1時のヤングタイムは帯番組ではなくなりました。オールナイトニッポンSUPERとなり、パーソナリティーが日替わりになったためです。

思うにこれが、ニッポン放送が聴取率首位から陥落するきっかけになったと思います。ラジオは習慣性の強いメディアと言われており、朝、昼、夜と各時間帯に顔と呼べる人を作るのがリスナー確保の第一歩。日替わりでは、ある曜日は聴いても、ほかの曜日に聞かなくなってしまいます。

現在は東貴博のヤンピースが月~木の帯で放送されていますが、すでに実績のある東さんではなく、内海ゆたお、伊集院光、井手功二のような「誰それ?」と思わせる新星を、ニッポン放送には掘り起こしてほしいです。TBSの爺さんラジオに負けるな!

関連リンク
井手功二のゲルゲットショッキングセンター ウィキペディア
井手功二の公式サイト 2FISH BONES
チャーミースマイル&グリーンヘッド(井手が活動していたユニットこの番組の解説あり)

拍手[0回]

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ラジオなブログ管理人
HN:
ARB
性別:
男性
職業:
しがない会社員
趣味:
ラジオを聴くこと
自己紹介:
「伊集院光 深夜の馬鹿力」、「爆笑問題カーボーイ」、「安住紳一郎の日曜天国」、「オールナイトニッポン」などをよく聴くヘビーラジオリスナーです。番組レビューやラジオ関係のニュースをまとめます。
ラジオなブログの記事
(12/25)
(09/16)
(09/02)
(08/23)
(08/22)
(06/15)
(05/26)
(05/23)
(05/18)
(05/12)
(05/11)
(05/10)
(05/09)
(01/11)
(11/08)
(10/18)
(10/13)
(09/17)
(08/17)
(05/12)
(05/11)
(04/25)
(04/24)
(04/22)
(04/17)
ラジオ関連カテゴリー
ラジオなブログ内検索
ラジオなブログアーカイブ
バーコード
ラジオなブログRSS
アクセス解析