忍者ブログ
[36] [35] [34] [33] [31] [30] [29] [28] [4] [5] [26]

DATE : 2008/07/02 (Wed)

 水曜日はメディアとしてのラジオの役割を考える「メディア論、ラジオ論」のコーナーです。

 今週は、「ラジオの楽しさって何?」をテーマに考えてみたいと思います。

 文化系トークラジオ「LIFE」という番組をよく聴きます。「雑誌」「自己表現」「秋葉原無差別殺傷事件」など、テーマを取り上げて社会学者の鈴木謙介さんと、数人のサブパーソナリティーが激論を交わすという内容です。

 詳しい内容は、火曜日の「やってる今ラジオ」で改めて紹介します。簡単にこの番組のよさをまとめると、「誰でも意見を言える」ことです。

 一見、「朝まで生テレビ」のラジオ版のようにも見えます。しかし、メールで届けられるリスナーからの意見がおざなりになることはありませんし、議論の中心になることも多くあり、視聴者を置いてけぼりにはしません。出演者にバッサリと切り捨てられることもあり、それが逆に「番組に参加している」という実感を持てる一因になっています。「俺にも言わせろ」感を強く持てる番組です。

 伝説のラジオ番組と呼ばれるものは、リスナーとパーソナリティーのやりとりが、どんな形でも必ず行なわれています。ナインティナインのオールナイトニッポンを支えているのはハガキ投稿です。TBS系列の「アクセス」では、その日のニュースに対する意見をリスナーが電話で話せます。発信する側と受け取る側の双方向性が大事なのだと思います。

 私はスポーツが好きなので、ラジオのスポーツ番組にもこの部分を取り入れたらよいのではとも思います。居酒屋で、「オレの考えるサッカー日本代表」について不毛な議論をするのって楽しいものです。これをラジオにも持ち込んで、「今の日本代表に要らない選手はコイツだ!」を語りあったら面白いと思います。ラジオでのスポーツって中継が中心で、ただ、聴いているだけということが多いですから。

 広告出稿が減り、減収が続くラジオ業界ですが、番組が急につまらなくなったということはありません。ラジオ本来の面白さをいろんな形で表現していけば、まだ救いはあるはずです。

「メディア論、ラジオ論」ほかのエントリを見る

よろしかったら↓をクリックお願いします
にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へ 

拍手[0回]

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ラジオなブログ管理人
HN:
ARB
性別:
男性
職業:
しがない会社員
趣味:
ラジオを聴くこと
自己紹介:
「伊集院光 深夜の馬鹿力」、「爆笑問題カーボーイ」、「安住紳一郎の日曜天国」、「オールナイトニッポン」などをよく聴くヘビーラジオリスナーです。番組レビューやラジオ関係のニュースをまとめます。
ラジオなブログの記事
(12/25)
(09/16)
(09/02)
(08/23)
(08/22)
(06/15)
(05/26)
(05/23)
(05/18)
(05/12)
(05/11)
(05/10)
(05/09)
(01/11)
(11/08)
(10/18)
(10/13)
(09/17)
(08/17)
(05/12)
(05/11)
(04/25)
(04/24)
(04/22)
(04/17)
ラジオ関連カテゴリー
ラジオなブログ内検索
ラジオなブログアーカイブ
バーコード
ラジオなブログRSS
アクセス解析