忍者ブログ
[663] [662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654] [1]

DATE : 2018/04/26 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2017/05/09 (Tue)


 歌手や俳優として活躍されている星野源さんが、第54回のギャラクシー賞ラジオ部門で、パーソナリティー賞を受賞することが決まりました。しかし、このことを報告した2日深夜の「星野源のオールナイトニッポン」の内容が、それはもう伝説的な構成だったので感服してしまいました。

 ギャラクシー賞とは、放送批評懇談会が選定するラジオやテレビの番組、出演者への表彰で、1年ごとに発表されます。テレビ部門、CM部門、報道部門とあり、ラジオ部門の中に、DJパーソナリティ賞があるわけです。1年間で目立った活躍をしたパーソナリティーに贈られる賞と言えるでしょう。

 冒頭のフリートークでは、素直に星野さんが受賞の感想を語っているんです。ニッポン放送の松浦編成局長からDMMで使える2万円分のカードをご祝儀で手渡されたことや、自分が好きなことを番組でやっているだけだという思いを伝えているところまでは、きれいな展開だったのですが…。

 前週に番組内でアダルトビデオ(AV)に出てくる素人は素人ではない、と発言したことに触れてからはAV色がどんどん強くなっていきます。先週に言及した男性器が壁や机から飛び出してくる作品を企画・監督した木村真也氏からメッセージがとどき、文章をニッポン放送のベテラン・洗川雄司アナが読み上げるというシュールな演出まで飛び出しました。
 
 番組発足当初からエロは結構な割合で番組で取り上げてきていますが、ギャラクシー賞が発表された直後の放送だからこそ、その道を大手を振って歩いて行ったような気がします。さらに、番組の終盤では名曲のイントロだけを聴き、いいところでぶつぎりされるたびに身悶えるという「イントロくそやべぇ」という新コーナーもスタートさせ、音楽の楽しみ方も伝えてくるところが星野流なのでしょう。

 お笑いタレントが担当するラジオとは一味違う、また、従来のミュージシャンにもあまり見られなかった星野流のオールナイトニッポンだからこそ、ギャラクシー賞受賞となったのでしょう。

【ラジオなブログの関連エントリ】
特にありません
【関連記事リンク】
特にありません
↓こちらにはさらに面白いブログが・・・↓
にほんブログ村 テレビブログ ラジオ番組へ人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
ラジオなブログ管理人
HN:
ARB
性別:
男性
職業:
しがない会社員
趣味:
ラジオを聴くこと
自己紹介:
「伊集院光 深夜の馬鹿力」、「爆笑問題カーボーイ」、「安住紳一郎の日曜天国」、「オールナイトニッポン」などをよく聴くヘビーラジオリスナーです。番組レビューやラジオ関係のニュースをまとめます。
ラジオ関連カテゴリー
ラジオなブログ内検索
バーコード
ラジオなブログRSS
アクセス解析